頭皮に紫外線トラブルが起こりやすい理由

顔や体と比べて遥かに高い場所にある頭皮は、「太陽に近い」という理由で紫外線トラブルが生じやすいパーツと言われています。

 

特に私のように営業職で外に出る機会の多い人は、レジャーをする方々と違って「帽子を被る」とか「太いヘアバンドを使う」といった対処ができないため、結果として紫外線による頭皮ダメージが進行しやすくなるようです。

 

特に7〜8月は客先に行く機会が格段に多いので、太陽光によって頭皮トラブルが生じているのかもしれないなぁと思ったのでした。

 

頭皮に紫外線が当たることで生じる悪影響とは?

たくさんの紫外線が頭皮に当たると、地肌が本来持つ潤いが蒸散した結果としてバリア機能が著しく低下します。

 

また強い紫外線には、髪の毛の成長に欠かせない毛母細胞をじわじわと破壊するパワーもあるため、結果として健康な髪が生えにくくなってしまうのです。

 

また毛根内の毛包に存在するメラノサイトという色素細胞が紫外線ダメージを受けると、髪に色を付けられなくなった結果として白髪も急増するため、若々しい髪を保つためにも紫外線ケアをすべきなのだと感じたのでした。

 

頭皮や髪にできる紫外線ケアとは?

紫外線の強いシーズンに行うべきヘアケアは、シャンプー後にローションを使って頭皮の潤いを補う方法がおすすめのようです。

 

また近頃流行っているスプレータイプの日焼け止めは、頭皮ではなく髪に適した製品となるため、UVカット効果の高い日傘などを併用することが理想だと美容雑誌に書かれていたのでした。

 

地味な日傘であればスーツ姿でも違和感なく使用できるので、外まわり営業用に1本購入したいと思います。